デジタル情報の活用により効率化とミス防止を実現

「搬送管理」
パッケージ

資材の搬送から投入に至る指示情報をデジタル化し
ムダ・ミス・ロスを削減します。

フォークリフトへの
資材搬送管理を
ワンタッチで行う

  • 概要

「搬送管理」とは、NAVINECTクラウド「在庫管理」サービスでデジタル化された在庫情報を元に、生産工程内に設置されているPCやIoTデバイス端末と、フォークリフトなどに設置された端末を無線ネットワークで接続し、遠隔で『どの荷物』を『どの場所に』持っていくのか搬送管理を行う技術です。

これを行う事により、生産中に発生していた待ち時間のムダ、待機フォークリフトのムダを排除など、さまざまな生産性の向上を期待できます。

導入パターン

  • フォークリフトを使った例
    • 「帳票管理」サービスで
      生産指示帳票を作成

    • 指示にもとづく資材を選択、
      フォークに搬送指示

    • 搬送指示を受理して、
      指定の場所に搬送

  • CarriRo(キャリロ)を使った例
    • 「帳票管理」サービスで
      生産指示帳票を作成

    • 指示にもとづく資材を選択、
      倉庫担当に搬送指示

    • 倉庫担当は指示を受理、
      CarriRoに資材をのせ
      自動搬送

  • 効果
    (当社社内実績)

    • 空荷状態での運搬時間5%改善

      • 生産進捗状況に応じた運搬指示によりムダな移動を排除
      • 運搬経路を通知することで運転手による判断を不要化
    • 作業中のフォークリフト稼働台数15%削減

      • 必要台数シミュレーションにより、フォークリフトの台数を削減
      • 移動距離および荷持ち時間をもとに担当するエリアを最適化
    • 運搬作業員数12%削減

      • 製品を運搬するフォークリフトの無人化による省人化
      • 必要台数シミュレーションにより、フォークリフトの台数を削減

生産する上で
ヒトと装置の間に
発生しうる
ミスロスを防止

  • 概要

「誤投入防止(投入インターロック)」とは、NAVINECTクラウドなどでデジタル化された各種情報を元に、生産開始時や資材投入時にQRやRFIDデバイスを使って照合、OKとなるまで生産設備に投入できないようにする技術です。

これを行う事により、工場における不良品流出の中で発生されやすいとされる、作業者と設備の接点で発生するヒューマンエラーを防止する事が可能です。

導入パターン

  • NAVINECTクラウド+αによる
    提供
    • 「帳票管理」サービスで
      指図情報をデジタル化

    • 「在庫管理」サービスで
      資材情報をデジタル化

    • 「工程管理」サービスで
      保全情報をデジタル化

    • RFID(QR)リーダー/SCADA/IoTゲートウェイと連携した動作制御

  • 効果
    (当社社内実績)

    • 類似品投入、工程飛ばしなどの生産時の作業ミス極小化

      • 生産時に、準備した材料が間違っていないか、指示書の確認漏れがないかを製造仕様とデジタル照合し、作業ミスを防止