多様なデバイスとの融合で
生み出す新たな価値

Edge

トッパンが提供する多くのソリューションやデバイスと連動して
あらゆる生産情報を取得することを可能にします。

「NAVINECTエッジ」とは

「NAVINECTエッジ」では、凸版印刷がこれまでに提供してきた多くのソリューションやデバイスとの連携を実現します。

アナログ作業をデジタルトランスフォーメーション(DX)化する「NAVINECTクラウド」に加えて、データの収集方法から取得したデータの利活用方法までご提案させていただくのが「NAVINECTエッジ」です。

お客さまの環境に適したデバイスの選定・ご提案も同時にさせていただきます。

「NAVINECTエッジ」の特長

データ取得の自動化

オペレーターによる手作業を省略することで作業精度のバラつきを平準化することが可能です。

正確なデータ処理の高速化

DX化によってデータ収集・処理のタイムラグを解消し、リアルタイムでのデータ取得を可能にします。

トッパンのあらゆるソリューションと組み合わせたご提案

製造現場の生産装置やヒト・モノに応じてトッパンのあらゆるセンシングデバイスやソリューションをご提案します。

NAVINECTの各データとの融合

お客さまの製造現場に必要な機能をカスタマイズした「NAVINECT」とデバイスの連携を実現することで、データ集約・利活用にも対応可能です。

「NAVINECTエッジ」のご利用イメージ

「NAVINECTエッジ」のご利用
 イメージ

スマホ・タブレット・PCから各データの抽出指示
各デバイスと「NAVINECTエッジ」が連動
「NAVINECT」上で各データの確認・利活用

NAVINECTエッジはこのような悩みをお持ちのお客さまにおすすめです

    • 取得したデータを活用して生産性向上を目指しているが、方法がわからない

    • データ収集の仕組みを構築したいと考えているが、最適な方法やデバイスが見つからない

    • 現場の生産装置・作業者・在庫などの情報を一元で管理をしたいが、最適なソリューションがない

NAVINECTで実現する
製造デジタルトランスフォーメーション

ストーリーを見る