あらゆる生産情報との
連携を進めたいお客さまへ


一歩進んだ
製造DX

NAVINECTエッジは、
様々な機器やセンサーを接続し
生産の規模に応じた柔軟なIoT基盤を
提供します。

エッジとは?

 生産装置やヒト、モノに対してセンシングの配置をはじめとするIoT化を行い、
多種多様なIoT機器からデータ収集を可能にする仕組みのことです。
 特に、生産装置の機械制御では、ミリ秒単位といったきめ細かい精度による
デ―タ収集や、高度で豊富なIoTデバイスを持ちながら、リアルタイム性を維持
したデータ処理を必要とする観点から、製造現場におけるエッジコンピューティ
ングを利用したデータ処理が必要不可欠となります。
 また、生産現場のIoT化が進む中でつきまとうセキュリティリスクにも配慮し、
クラウドなどの外部へデータを出力する前に、出力可能なデータへ加工する
役目も担っています。

さらに製造DXを一歩進める上での課題

  • このように、お困りではありませんか?

    • センシングや数値化の方法に悩みを抱いている。

    • 入力が紙からタブレットに置き換わっただけで、デジタル化の効果が上げられていない。

    • 老朽した生産装置からデータを取り出すことが困難と感じている。

NAVINECTエッジの概要

  • NAVINECTエッジは、あらゆる生産情報との連携を進めたいお客さまにご提案します。

NAVINECTエッジのメリット

    • これまで手入力としていたデータ取得を自動化する。

      オペレータによる作業精度のバラツキを平準化することができます。

    • 手入力では成しえなかった、高速かつ正確なデータ処理の実現。

      IoT化によってタイムタグを解消し、リアルタイムにデータ取得が可能となります。

    • トッパンのあらゆるソリューションと組み合わせたエッジIoT化の実現。

      生産装置やヒト、モノのかたちに応じたあらゆるセンシング・デバイスをご提案します。

    • NAVINECTの各データサービスと融合します。

      お客さまが求めるかたちでデータ集約・管理を行い、データ利活用にも即座に対応。

導入のアプローチ

  • センシング機器の手配含めてワンストップでの導入支援をサポート致します。

  • STEP.01

    ヒアリング・
    現地調査
    動作検証

  • STEP.02

    導入提案・
    要件の確定

  • STEP.03

    設置導入・
    運用開始

  • ヒアリ
    ング
    現地調査

  • 動作検証

  • 要件確定

  • お見積り

  • 設置
    導入

  • 保守開始

  • 機器の選定や動作の
    検証を進めます

  • ソリューションの
    ご提案を行います

  • 導入体制を組み、
    現地対応となります

  • ヒアリングをはじめ、調査や
    動作検証もお客さま環境を
    中心
    に進めて行きます。

  • 仕様内容や全体スケジュール、
    保守サービスを含めた
    詳細仕様書のご提案をします。

  • 導入完了後、お客さまにて
    運用を開始となります。
    同時に保守サポートを開始

  • ご発注