IoT技術で実現するリアル
タイムな製造現場管理

Edge

生産装置やエッジデバイスのデータを自動的に取得、
エッジサーバーで高速処理し、活用することで
現場の様々な課題を解決します。

「NAVINECTエッジ」とは

製造現場のDXを進めるにあたり、生産装置やエッジデバイスからどのように正確なデータを取得するか、また、処理したデータを装置の制御も含めてどのように活用するかが、正確性やリアルタイム性の観点で特に重要になってきます。

NAVINECTエッジでは、生産装置・エッジデバイスから送られる大量のデータをエッジサーバーにおいて高速処理し、さらにそのデータを活用して現場の改善に寄与できるアプリケーションを提供します。

従来人手で行っていたデータの取込・集計・処理・監視・可視化、生産装置の制御、作業指示といった内容をIoTの技術で自動化することで、より高度かつスピーディな製造現場の改善が実現可能になります。

「NAVINECTエッジ」の概要

「NAVINECTエッジ」の概要

装置や機器からのデータを取得・活用により製造現場の改善に貢献する、5種のアプリケーションを用意しております。
エッジデバイスの選択や、機器・装置のインターフェース調整、初期構築は個別に行いますので、幅広い業種のお客様にお使いいただける内容になっております。
また、NAVINECTクラウド等、他のアプリケーションとの連携も可能です。
NAVINECTエッジ
概要図

NAVINECTエッジ

5つのアプリケーション

  • 製造に関わるヒト、装置からデジタル情報を取得する事により、効率的な工程進捗管理を実現できます。

  • 資材の搬送状況に関する情報を元に、フォークリフトに対して最適な搬送指示を送ることで、作業待ち時間等のロス・ムダを削減します。

  • 生産装置の稼働状態をリアルタイムに監視し、品質や生産装置の故障異常を早期に発見できます。

  • 予め設定した作業手順と現場の作業状況を基に、システムでヒトの作業内容を照合する事で作業間違い、資材間違い等のヒューマンエラーの防止に繋げます。

  • 生産機械の様々なデータを見える化し、異常把握や部品交換時期等、保全監視に役立つ情報がどこからでも確認できます。

「NAVINECTエッジ」の導入メリット

「NAVINECTエッジ」の導入
 メリット

生産装置・エッジデバイスのデータを自動で収集

オペレーターによる手作業を省略することで作業の精度向上、スピードアップが可能になります。また、異常の早期発見にも役立ちます。

エッジサーバーでデータを高速処理

大量のデータをクラウドサーバーに集中させることなく、現場に近いエッジサーバーで処理することにより、収集・処理のタイムラグを最小化し、よりリアルタイム性を持たせた運用が可能になります。

パッケージアプリをデバイス含めてご
提供

製造現場で汎用的に使われる機能をあらかじめパッケージアプリ化。デバイスとその初期構築・設定含めてご提供が可能ですので速やかな導入が可能です。

他のアプリケーション連携も可能な
柔軟性

NAVINECTクラウドの各アプリが持っている機能や、他のアプリケーションとも連動させることが可能です。複数のアプリを連動させることでより高いレベルでの運用を実現します。

トッパンの経験と実績に基づくご提案

トッパンは非常に幅広いお客様と製造業として関わってきました。NAVINECTエッジでご提供するアプリにはそのノウハウが凝縮されております。豊富な経験を持ったスタッフがお客様の現場改善をお手伝いいたします。

NAVINECTエッジはこのような悩みをお持ちのお客さまにおすすめです

    • 取得したデータを活用して生産性向上を目指しているが、方法がわからない

    • データ収集の仕組みを構築したいと考えているが、最適な方法やデバイスが見つからない

    • 現場の生産装置・作業者・在庫などの情報を一元で管理をしたいが、最適なサービスがない