在庫の数量・所在管理/棚卸作業のデジタル化

「在庫管理」
サービス

製造現場に特化した機能で在庫管理・棚卸が簡単に。
入荷から出荷まで、在庫の所在・数量を管理できます。

RFID・QRコードを活用し、在庫管理におけるアナログ作業を排除。
「誰でも素早く正確に」を支援するサービスです。

これまで目視点検や紙への手書きによる管理をしていた在庫管理。

そのようなアナログ作業での運用は作業者に大きな負荷が生じ、
また、作業ミスや現物と情報のズレも多く発生します。

NAVINECTクラウド「在庫管理」サービスでは、
デジタル技術を活用して作業のミス防止や正確な在庫データの一元管理を行い、
作業者の負荷軽減と在庫管理の精度向上を実現します。

「帳票管理」サービス表示端末
  • 概要を知る
  • 使い方を知る
  • 機能を知る
  • 「参照・集計レポート」を知る
  • DXを知る

※ ボタンをクリックタップすると、内容が切り替わります。

NAVINECTクラウドの「在庫管理」サービス Feature of 「Zaikokanri」 service

NAVINECTクラウドの「在庫管理」サービスは、製造業に特化した機能とRFID・QRコードの活用で”入出荷管理” ”投入払出管理” ”棚卸管理” を効率化します。製品や半製品、原材料から循環資材や治工具、部品など管理方法が異なるさまざまな資材に対応したアプリケーションをクラウドサービスとしてご提供します。

「在庫管理」サービスは、在庫管理と棚卸管理の2つのアプリケーションを持ち
「参照・集計レポート」と共に運用することで
製造現場の在庫管理業務におけるさまざまな課題を解決します。

※「在庫管理」サービスをご契約頂くと、NAVINECTインサイトの「参照・集計レポート」が標準で付属します。

在庫管理ワークフロー

  • 在庫の情報を一元管理
    どこからでもアクセス可能

    「在庫管理」サービスの在庫管理アプリケーションで、どこに何があるかをリアルタイムに一元管理。インターネット環境があればお使いのPC・スマホ・タブレットで「どこからでも確認できる」を実現します。

    在庫の探索時間 約30%減

  • 正確な棚卸を
    スピーディーに

    「在庫管理」サービスの棚卸管理アプリケーションで、棚卸の計画作成から結果承認まで一気通貫で管理。実地棚卸では在庫に貼られた管理ラベルを読み取ることで、データと現物を照合。データの不整合を防止します。

    棚卸作業時間 約25%減

  • 一元管理・見える化が果たす
    適正在庫運用

    「参照・集計レポート」ではデータとして蓄積された在庫情報を視覚的に表示。勘と経験ではなく、実際のデータを基に正確な在庫の運用を支援します。データはクラウド上に管理し、テレワークの環境からでも運用可能です。

    余剰在庫 約33%減

  • 他アプリケーションとの連携による
    効果の最大化

    在庫情報をNAVINECTの他サービスと連携し、製造現場の多くのシーンでDXを実現。単一の業務だけでなく、製造現場全体にDXのメリットを広げられることが、在庫管理アプリケーションを含めたNAVINECTの特徴です。

    無限大 凸版印刷がお客さまと一緒に考えます アプリケーション連携の例

    • 在庫管理
      帳票管理
    • 在庫管理
      搬送管理

    アプリケーション連携例 1 
    NAVINECTクラウド「帳票管理」との連携

    「帳票管理」サービスで作業の指示書などの帳票を作成し、その指示にもとづいて在庫の入荷・払出・出荷などを行います。指示と作業実績の関係が明確になり、作業のミス・ロス削減に貢献します。

    NAVINECTクラウド
    「帳票管理」の
    詳細ページはこちら

    ×

    入荷受入作業などの指示を「帳票管理」サービスで行い、
    受け入れた資材を「在庫管理」サービスに登録

    資材の受入れ

    アプリケーション連携例 2 
    NAVINECTエッジ「搬送管理」との連携

    「在庫管理」サービスで登録した在庫の保管場所や数量をもとに、「搬送管理」パッケージで最適な搬送指示をフォークリフトに送ります。搬送した結果は「在庫管理」サービスへ送信し、ロケーションや数量のステータスの変更を反映します。

    NAVINECTエッジ
    「搬送管理」の
    詳細ページはこちら

    ×

    在庫の情報をもとに「搬送管理」パッケージで
    フォークリフトへ搬送指示

    フォークリフト運搬

    搬送を終えたものは「在庫管理」サービスで
    在庫のステータス変更履歴を反映

在庫管理できる資材の種類

  • 原材料

    原材料

    ロール材資材
    シート材資材
    液体状資材

    用途

    1. 入荷資材の現物把握 / 滞留把握
    2. 消費や廃棄などの変化履歴管理
  • 製品中間品

    製品
    中間品

    中間製品
    完成製品
    梱包製品

    用途

    1. 製品、中間製品の発生履歴 / 滞留把握
    2. 製品出荷の出荷履歴管理
  • 部品交換品

    部品
    交換品

    ネジ・パッキン
    シリンダー・モーター

    用途

    1. ネジ、金具などの増減把握
    2. モーター、シリンダなどの予備品把握
  • 治具工具

    治具
    工具

    木型 / 金型
    メンテナンス用具

    用途

    1. 工具などの定置管理
    2. 金型、刃具などの使用回数 / 寿命把握
  • 循環資材

    循環
    資材

    パレット
    オリコン

    用途

    1. 原材料、製品の積載状況把握
    2. 循環資材の所在把握(社内外)

RFID活用でさらに効率的な「在庫管理」サービスを実現 Cooperation with RFID

QRコードやバーコードが印字された管理ラベルではなく、離れたところから複数を一括で読取できるRFID(ICタグ)を活用することで、在庫管理の作業をより効率的に行うことができます。
また、ICタグには固有のIDを付与することができ、個品単位での在庫管理が可能になります。より細かい単位で管理をすることで、トレーサビリティなどにも活用することが可能です。

RFIDとQRコード・バーコードの読取を比較

RFIDの場合

離れたところから複数を一括で読み取ることが可能。電波の透過・回り込みで、見えないところにあるICタグも読み取ります。
棚卸作業もRFIDを活用することで、在庫を棚に置いたまま、棚の奥にあるものまで読取が可能。棚卸にかかる作業時間を劇的に削減します。

RFIDの読取

QRコード・バーコードの場合

複数読取はできず、ひとつひとつ読み取ることが必要。見えないところは人が回り込んだり資材をかき分けたりして読み取る必要があります。

QRコード・バーコードの読取

導入効果

出荷検品時間 約
80%減(※1)

棚卸時間 約
98%減(※2)

(※1)パレット平積み状態の段ボール120個を、1次元バーコードとRFIDそれぞれで全数読取に要した時間の比較

(※2)約5万点の生地原反の棚卸にて。目視での棚卸時間とRFID活用での棚卸時間の比較。

IoTデバイスとの連携 Cooperation with IoT device

さまざまなIoTデバイスと連携することで、「在庫管理」サービスの機能をさらに拡張することが可能です。
お客さまの環境やご要望に合わせて、最適なIoTデバイスをご提案させて頂きます。

使い方を知る

機能を知る

「参照・集計レポート」
を知る

DXを知る

在庫管理の流れ Flow of 「Zaikokanri」 service

PC・スマホ・タブレットで利用可能な在庫管理アプリケーションにより、システムへの在庫データの登録・参照を効率化し、作業負荷を軽減します。

scene
01
入荷

Before

入荷した在庫の情報をラベルに手書きして貼り付けます。その後、同じ記述内容をPCへ入力する作業が発生していました。

After

PC・スマホ・タブレットを用いて、入荷した在庫の情報をシステムへ登録すると同時に、その場で管理ラベルを発行します。その管理ラベルを在庫に貼り付けて受入完了です。

期待できる効果 ≫

手書き作業の廃止 PCへの手入力作業削減 作業のスピードアップ

scene
02
投入

Before

投入によって消費した在庫と、払出によって発生した在庫の情報を、それぞれのラベルに手書きして貼り付け、内容をPCへ入力する作業が発生していました。

After

装置への投入時に管理ラベルを読み取り、投入量と払出量を入力することでシステム上の在庫データを更新。同時にその場で発行された管理ラベルを払出在庫に貼り付けて更新完了です。

期待できる効果 ≫

手書き作業の廃止 PCへの手入力作業削減 QR読取による現物と情報の一致

scene
03
出荷

Before

在庫の管理ラベルに出荷記録を手書きし、出荷します。その後、同じ記述内容をPCへ入力する作業が発生していました。

After

出荷対象在庫の管理ラベルを読み取り、出荷情報を入力します。対象在庫品を出荷して完了です。
管理番号を付与されたパレットに積み付け登録を行えば、パレットの管理ラベルを読むだけで出荷対象を一括で処理できます。

期待できる効果 ≫

手書き作業の廃止 PCへの手入力作業削減 作業のスピードアップ

scene
04
出荷後

Before

出荷の際に使用したパレット・コンテナなどの循環資材は使用履歴が残らず、行方不明になったり、本来必要でない追加購入が発生していました。

After

出荷先を登録することで、どこに向けて出荷したのか記録が残ります。その情報をもとに循環資材の所在を確認でき、適宜返却要請などを行うことで不要な追加購入を抑制します。

「参照・集計レポート」で確認

期待できる効果 ≫

手書き作業の廃止 PCへの手入力作業削減 循環資材の運用適正化

在庫管理アプリケーション 基本機能

一連の在庫管理作業に沿った機能を用意しております。

※フキダシにカーソルを合わせると機能説明が表示されます。

  • 入荷受付入荷受付

    新規に受け入れをする在庫情報の入力・登録を行い、管理ラベルを発行します。

  • 在庫移動

    在庫の保管場所や、積み付けたパレットを移動した際にロケーション管理の変更を行います。

    在庫移動
  • 投入・払出

    在庫の投入や消費、払出しに伴う登録情報の変更を行います。

    投入・払出
  • 積付

    在庫をパレットに積載する際に、在庫とパレットの情報を紐付けて管理します。

    積付
  • 出荷・廃棄

    在庫を出荷する際に、登録されている在庫情報を削除します。また、廃棄した在庫を削除します。

    出荷・廃棄

在庫参照

在庫に貼付した管理ラベルを読み取ることで、その在庫情報をリアルタイムで参照することができます。

在庫参照

棚卸管理の流れ Flow of 「Zaikokanri」 service

棚卸作業の計画作成・実施・結果確認および承認をシステムで管理することで、効率的かつミスのない棚卸作業を実現します。

scene
01
棚卸計画の作成

Before

Excelなどでチェックシートを作成し、保管場所ごとや在庫種別ごと、担当者ごとなどに分類して紙で出力します。このような事前準備の段階から多大な時間と労力がかかっていました。

After

アプリケーション上で棚卸計画を作成します。在庫一覧を俯瞰して見ながら、保管場所や在庫分類ごとに範囲を区切るなど、効率的に棚卸作業ができるように計画を組み立てていきます。棚卸作業はスマートフォンなどで行うため、紙の出力は不要です。

scene
02
棚卸の実施・報告

Before

目視と手書きで在庫の有無をチェックしていきます。似通った製品どうしで確認間違いがあったり、数え間違いや書き間違いが発生していました。

After

アプリケーションで在庫の管理ラベルを次々と読み取ることで棚卸を行います。
在庫種別はシステムが判別するため確認ミスが大幅に削減できます。また、理論在庫と実在庫に差異があった場合の修正や、管理ラベル再発行もその場ですぐに行うことができます。

scene
03
棚卸結果の承認

Before

手書きされた大量のチェックシートをもとに結果をExcelファイルなどに入力します。不整合箇所の再確認作業などが発生してなかなか結果が確定できず、その間に情報の鮮度も精度も低下していました。

After

アプリケーション上で棚卸結果を一覧で確認し、確定および承認を行います。結果の確認や承認は、場所を問わずどこからでも行うことができます。

概要を知る

機能を知る

「参照・集計レポート」
を知る

DXを知る

機能表 Function of 「Zaikokanri」

機能トピック Function of 「Zaikokanri」

※ 青字にカーソルを合わせるをタップすると補足情報が表示されます。

  • どのような種類の在庫を取り扱うことができますか?

    標準機能

  • 図のような在庫を取り扱うことができます。
    それぞれの分類に対し、種類を個別に設定することで、さまざまな在庫種別に対応できます。
     

    在庫種別の設定は仕様管理機能で行うことができます。

  • 在庫に貼付する管理ラベルはどのように発行しますか?

    標準機能

  • スマートフォンとモバイルプリンターを接続することで、在庫の現物を確認したその場でQRコードやバーコードなどの管理ラベルを発行(出力)することができます。据置きプリンターまでの往復が不要となり作業時間の短縮につながります。再発行も可能です。


    【再発行】
    用紙不足で管理ラベルのプリンターからの発行に失敗した場合でも、再発行機能により、用紙補充後、対象の管理ラベルを再発行可能です。

  • 在庫の数量管理はどのように行いますか?

    標準機能

  • 数量単位を個別に設定することで、在庫の種類に応じた適切な数量管理を行うことができます。

    数量単位の設定は仕様管理機能で行うことができます。

  • 複数の在庫を移動することはできますか?

    標準機能

  • パレット積付機能により、在庫とパレットの情報を紐付けして管理し、複数の在庫をまとめて移動処理することができます。


    例:

    在庫がA、B、Cの3セットあり、それぞれ移動することは手間だと感じた。

    パレット上に在庫を置いて情報を紐付けることで、A、B、Cをまとめて移動できた。

  • 在庫のロケーション情報をQRコードで管理できますか?

    標準機能

  • 各ロケーションの保管棚などに、あらかじめ発行したQRコードを貼付け、読込むことで、ロケーション情報を自動入力することができます。
    ※この機能は仕様管理アプリで表示/非表示を変更することができます。

  • パレット積み付けや資材消費に対応していますか?

    標準機能

  • 在庫の移動や装置への投入、さらにはパレットへの積み付けなど、 工場に特化した詳細なロケーション管理が可能です。

  • 管理する資材の名称や単位は設定可能ですか?

    標準機能

  • マスタ設定で変更が可能です。分類・種類・銘柄と階層を分けることができ、単位も、重量・数量・長さといった単位の変更が可能です。

  • 管理ラベルのフォーマットは変更できますか?

    標準機能

  • 仕様管理機能でフォーマットを自由に変更することができます。Excelファイルの取込機能もあり、現在使用している管理ラベルのExcelファイルがあれば流用してお使いいただくことができます。

  • 誤った在庫情報を登録した際に修正することはできますか?

    標準機能

  • 変更メニューから在庫種別以外の情報を修正することができます。
    在庫種別を誤った場合は登録した情報を破棄し、再作成する必要があります。

  • 他のアプリケーションと情報連携できますか?

    オプション

  • 他のNAVINECTアプリや装置と連携することで、数量管理・ロケーション管理に加え在庫にさまざまな情報を紐付けることができます。

概要を知る

使い方を知る

「参照・集計レポート」
を知る

DXを知る

「参照・集計レポート」との連携で適正な在庫の維持を見える化 Cooperation with 「Sansyo・syukei Report」

NAVINECTインサイトの「参照・集計レポート」と連携させることで、在庫・棚卸データは見える化されます。
在庫量の時間推移から在庫の不足・過剰状態を未然に防止し、適正な在庫の維持を支援します。

自由度の高い分析機能

在庫やロケーション、期間、カテゴリなど
さまざまな組み合わせによる抽出が可能となっており、
効果的な分析作業ができます。

一目でわかる表示

グラフ表示は見やすく工夫した表示になっており、
気になった箇所をクリックすることで、
詳細な数値を確認できます。

便利なエクスポート機能

検索した結果をCSV形式で
ダウンロードすることができます。

  • 入出荷履歴
  • 入出荷履歴

    資材や原材料一つ一つの在庫情報を管理しており、入荷や出荷の進捗状況もリアルタイムに把握することができます。

  • 在庫数管理:在庫集計

    品目別、エリア別、ステータス別、滞留日数別などさまざまな切り口で在庫の数量を集計し、見える化します。

  • 在庫数管理:在庫集計
  • 在庫数管理:在庫推移
  • 在庫数管理:在庫推移

    1か月間の在庫推移が視覚的に確認できます。異なる2つの月を同時に表示して比較することも可能です。

  • 在庫数管理:ロケーション内訳

    ロケーションごとの在庫数を視覚的に確認できます。在庫推移と同様に、異なる2つの月を同時に表示して比較することも可能です。

  • 在庫数管理:ロケーション内訳
  • 在庫数管理:ステータス内訳
  • 在庫数管理:ステータス内訳

    在庫品目別にステータスの内訳を確認することができます。異なる日付で比較することも可能です。

  • 在庫数管理:パレット一覧

    工場内の移動や出荷先への搬送の際に使用するパレットのステータス一覧を確認することができます。パレットひとつひとつの所在が明確になり、パレットの回転率の向上や追加購入の抑制につなげることができます。

  • 在庫数管理:パレット一覧
  • 棚卸管理:結果一覧
  • 棚卸管理:結果一覧

    任意の棚卸対象物やエリア別に、棚卸結果を一覧で確認することができます。理論上の情報と棚卸結果が異なった部分は赤文字で表示し、目立つようにします。

複数サービスが生み出す真のDX Create Digital Transformation

NAVINECTが提供するサービスやパッケージは、複数を組み合わせてご利用頂くことで最大限の効果を発揮することができます。
サービスやパッケージの組み合わせは「NAVINECTラインビルド」として、製造業のさまざまな課題に幅広く対応することが可能となり、「真の製造DX」を実現します。
ここでは、「在庫管理」サービスを活用した”DX”の例をご紹介します。

※「NAVINECTラインビルド」では、お客さまの業務や環境に合わせて、システム設計・セミカスタマイズ対応をする場合がございます。

  • 01

    設備保全業務のデジタル化・業務効率化を
    実現します。

    長く生産設備を使っていると、さまざまな箇所で故障が発生し、生産設備の性能低下や停止などが発生します。生産設備の性能低下や停止は、「納期に間に合わない」、「不良品ができる」などのトラブルに繋がり、大きな損害となります。設備保全は、それらを予防する点検・メンテナンスを行う活動です。予防保全、事後保全、予知保全の3つの種類があり、予知保全に近づけていくことが、生産性向上の重要なカギとなります。NAVINECTによるデジタル化がこれを支援します。

    保全運用DXの活用例
  • 02

    製品検査、出荷検査のペーパーレス・電子承認化を
    実現します。

    工程ごとの抜き取り検査、製品出荷に向けた最終検査や製造品目照合などの品質確認作業は、生産工程から出荷工程までスピーディ且つ、漏れなく行う必要があります。
    多品種化が進む中、目的の品物を適切に仕分け、出荷することは必須です。
    NAVINECTは、複数のサービスとQRコード、バーコードを組み合わせることでこれらの効率的な運用を実現。製品の品質向上に大きな役割を果たします。
    ※ QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です

    検査運用DXの活用例
  • 03

    自動車や半導体をはじめ、大量生産を前提とした生産においては、金型などの型治具管理が必須です。一般的に型治具類は、移動や出し入れも頻繁に行われ、複数拠点間で管理されることも多く、保管場所や使用寿命の管理が難しい治具と言われています。
    NAVINECTでは、保有する金型、木型の状態管理を見える化するだけでなく、照合機能による誤投入防止や生産計画に対応したショット数管理による予防保全で、不良の発生を低減します。

    金型管理DXの活用例

概要を知る

使い方を知る

機能を知る

「参照・集計レポート」
を知る

動作環境

在庫管理アプリケーションはPCやスマートフォン、タブレットなどでご利用いただけます。

  • 対応OS

    対応WEBブラウザー

  • Windows

    Google Chrome

  • mac OS

    Safari

  • Android

    Google Chrome

  • iOS

    Safari