NAVINECTで実現する
製造デジタルトランスフォーメーション

なぜ、製造DXなのか?

2000年以降、労働人口は減少に転じ、労働者の確保が困難となることや 現行のシステムが老朽化し維持費が高くなることなどを例として 国内の製造業を中心に、今後事業を継続する上で様々なリスクが予想されます。 さらに2020年の新型コロナウイルス流行により、日本の製造業の現場においても、 ビジネスモデルの変革や働き方の改革が急務となっています。 そこで鍵となるのが、製造現場のデジタルトランスフォーメーション(DX)です。

ただ、製造現場におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)と言っても どこから取り組めばよいか分からなかったり その業務に割く時間をなかなか取れない システムの開発にはコストの面が心配など 様々な課題があることと思います。

そのような場合、時間面で・コスト面で負担のないクラウドサービスで まずは必要な部分のみ運用し効果を測ってみることも 製造現場のDXへの第一歩となります。

トッパンでは、製造現場のお客さまがDXの一歩目を簡単に踏み出せるよう 「NAVINECTクラウド」を提供しています。

NAVINECTクラウドについて知る

データを自動で収集する

製造現場は情報・データの宝庫です。 これらは生産性向上や効率化につながる重要なデータですが 機械やセンサーが出す情報をひとつひとつ手で入力していくのは現実的に困難ですし、 自動でデータを取得しても1回1回外部のサーバーにアクセスするやり方では 時間的なロスも生じてしまいます。

そこで登場するのがエッジコンピューティングという考え方です。

エッジコンピューティングとは 生産装置やヒト、モノに対してセンシングの配置をはじめとするIoT化を行い、IoT機器からデータ収集を可能にする仕組みのことです。

よりデバイスに近いところで処理を行うことで、 処理の高速化やセキュリティを確保することが可能になります。

エッジコンピューティングを活用した生産情報との高度な連携を進めたいお客さまに「NAVINECTエッジ」を提供しております。

NAVINECTエッジについて知る

未来志向の製造DX

製造現場のデジタル化が進むにつれ、生産装置の稼働状況やヒト作業の実績など、様々な情報が飛び交う、いわばデータの宝庫となります。

このような膨大なデータに対する分析には、BIやAIという技術が役に立ちます。これまで手作業による分析や解析作業では見出せなかった重要な管理項目・指標(KPI)を各種分析手法によって提示できる可能性が出てきます。

このようにお客さまが保有するデータに対し、AIを導入して単純な作業を自動化させたり、BIを用いて可視化し意思決定の材料として活用できるツールを保有することによって、自社が抱える様々な課題を解決へと導く戦略の武器となります。

トッパンでは、得られたデータの分析・AI開発・最適なKPI導出をお手伝いする「NAVINECTインサイト」を提供しております。

NAVINECTインサイトについて知る

新ものづくり時代へ挑む

社会は大きくデジタル化に向けシフトしており、製造業においてもデジタル 技術を活用した労働生産性向上や競争力強化のための付加価値創造が急務となっています。

一方、多くの企業で製造DXに関する知見をはじめ、開発に携わる人材が 不足するケースもあり、推進に様々な問題を抱えています。

トッパンでは、2万社を超える幅広い業界に製造業としてかかわる経験を活かして
DXを軸にした製造現場の抜本的な再構築をお手伝いする「NAVINECTラインビルド」を提供しております。

NAVINECTラインビルドについて知る