現場作業のナビゲーションツール

生産点検

現場における記録・確認作業の ペーパーレス化を実現。 便利な入力機能・装置連携により 作業効率化を実現します。

入力はワンタッチ

どこからでも情報共有

設備保全・品質保証のために欠かせない点検作業ですが、
紙のチェックシートによる運用では、管理・集計に多大な時間とコストが発生します。

本アプリケーションでは、日々の点検作業や部品交換の記録などを
すべてPC・スマホ・タブレットで入力し、その結果はクラウド上で管理します。

ペーパーレスを実現すると同時に
オペレーションミスの削減とスピーディーな情報共有が可能になります。

ニューノーマルな働き方・分散出勤が求められる、いま
「生産点検アプリケーション」で製造DXの第一歩を踏み出しませんか。

※ 本画面デザインは意匠登録出願中です。

注:画面は撮影当時のものです

点検記録のペーパーレス化

承認や回覧のための出社は不要

「生産点検」アプリ
導入効果

Before
After

管理・集計に多大な労力

大量の紙のチェックシートを管理し、
集計する業務に日々時間を取られてしまう。
もっと効率的に点検記録を管理したい。

省力化と完全ペーパーレス化

PC・スマホ・タブレットを活用し、
完全ペーパーレスな点検作業プロセスを実現。
結果の入力から参照・承認までオンラインで完結し、
紙のチェックシートの運用・管理コストを削減します。

点検作業のヌケモレ

チェックシートの記入ミスが目立つ。
正確・確実に点検を実施したい。
点検した記録を整理して残したい。

オペレーションミスの徹底排除

人が判断していた運用を、システムが自動的に判定
点検項目の自動生成・OK/NGの自動判定
装置連携による自動数値入力など、
さまざまな支援機能によりミスを極限まで減らします。

時間のかかる情報共有

点検作業で発見した異常の報告に時間がかかり、
対応が後手になりがち。異常の情報は即座に共有し、
生産停止する前に手を打ちたい。

点検状況をリアルタイムに共有

入力した情報は、オンラインですぐに確認が可能
リアルタイムな情報共有により、
現場改善のサイクルがスピードアップします。

NAVINECTクラウドを活用した
生産点検の流れ

  • STEP
    01

    項目設定

    管理者が点検項目や機械名称をアプリケーションにて登録します。どの機械に、いつ、どんな点検が必要なのかを設定します。 点検項目はSTEP02で示す各メニューごとに設定できます。

  • STEP
    02

    入力

    作業者が点検作業を実施し、その結果をアプリケーションに入力します。直観的な操作で入力でき、点検結果のOK/NGの判定もカラーで判りやすく表示。非熟練者であってもスピーディーに点検結果を反映することが可能です。

    • POINT
      1

    • 作業の流れに沿ったモレのない記録が可能

      生産現場における点検作業には、「必要なタイミングでの必要な記録」が欠かせません。
      作業フローに沿った設定と、進行状態がはっきり分かる様にすることで、ヌケモレのない記録作業を実現します。

    製造シーンごとのメニュー

    • 始業/終業点検向け

      日常点検

      生産装置の始業/終業時点検といった、定期的(日次・週次・月次)に行う点検の結果を入力します。

    • 生産中の点検向け

      生産記録

      ロットごと、品種ごとの装置パラメーターや温湿度など、生産条件と品質に関わる点検結果を入力します。複数の点検種別を選択しての記録が可能です。

    • 治具交換作業向け

      交換・給油

      生産装置の治具交換や給油の履歴を登録します。次回交換タイミングの管理も可能です。

    • 異常発生時向け

      異常報告

      異常が発生した際に、その内容を登録します。異常種別を分類することで発生後の分析が可能です。

    • 作業者教育向け

      連絡参照

      文書のデータを登録・参照します。作業者に向けた情報の周知や教育をペーパーレスで行うことが可能です。

    点検項目カテゴリ設定

    点検項目はカテゴリ分けが可能です。作業の流れにあわせてカテゴリ設定することで、生産の進行状態を把握しながら記録が行えます。

    カテゴリは、追加可能なので、不定期に発生する点検にも対応します。

    • POINT
      2

    • 紙帳票ではむずかしい表示・記録が可能

      紙の帳票では、「スペースが少ない」、「書類が多くなる」ことから伝えるべき情報が限定されます。
      デジタルだからこそ、省スペースでも写真の貼付などを用いて不足のない情報を作業者に提供することを
      可能にします。

    • POINT
      3

    • スピーディ、多様な入力が可能

      文字入力、数字入力、電卓入力、リスト選択はじめ、様々な入力形式を装備しています。
      数字による判定はもちろん、文字列一致など、かゆいところに手が届く多様な判定機能や
      項目間の自動計算など、NAVINECT生産点検ならではのユニークな機能も充実しています。

    • POINT
      4

    • ワンタッチでのデータ入出力が可能

      他のシステムから出されたCSVファイルを点検結果として取り込むことが可能です。装置からワンタッチでデータを取り込むこともできます。また、入力された点検結果は、EXCEL形式でレイアウトした帳票の形式で出力する事が可能です。

  • STEP
    03

    見える化・承認

    作業者が入力した点検結果は、社内・在宅問わず、どこからでも管理者が確認可能です。内容に問題がなければ、そのままオンライン上で承認します。

  • 「生産点検」のさらなる活用

  • 周知をより確実に、
    タイムリーにする「連絡参照」機能

    確認が必要な文書を共有する際、「書面を掲示板へ貼り付け」 「書面を回覧」 では時間も場所も限定されてしまいます。
    この連絡参照機能では必要な情報をタイムリーに受発信。PC・タブレット・スマホでいつでもどこでも情報連携が可能です。
    作業者は自分が確認していない文書の有無が一目でわかるため、確認漏れを防止し、現場への情報の周知がより確実になります。
    昨今ますます見逃せない、総務連絡・緊急連絡事項などの周知にも活用可能です。

生産点検 機能トピック

  • 現在使用しているEXCEL帳票に点検結果を出力することは
    できますか?

    標準機能

  • 点検結果の一覧はEXCEL帳票に出力することができます。点検項目設定時にEXCELファイルを登録しておくことで、任意のフォーマットに出力することができます。従来の運用で使用していたEXCELフォーマットを継続して活用することができるため、スムーズな運用移行が可能となります。

  • 入力周期の設定はできますか?

    標準機能

  • 点検項目を登録する際、各点検項目ごとに実施周期を設定することができます。
    ・毎直
    ・日次:●日ごと (例)2日ごと
    ・週次:●週ごと●曜日 (例)2週ごと 火曜日
    ・月次(日付指定):●ヶ月ごと ●日
     (例) 毎月 1日
    ・月次(曜日指定):●ヶ月ごと 第● ●曜日
    (例)2ヶ月ごと 第2火曜日
    ・月次(月末):毎月月末
    入力画面では、設定した周期に応じてその日に実施が必要な項目のみ表示されます。(点検結果が入力されなかった場合、設定周期に関係なく翌日以降も表示されます)

  • 入力方法はどの様な種類がありますか?

    標準機能

  • 点検項目を登録する際、「入力方式」は「半角英数」「全角」 「数字」 「OK/NG選択」「リスト選択」「日付選択」の中から選択できます。
    点検項目に最適な入力方式を設定することで、現場作業者の入力作業の負荷を軽減することが
    できます。

  • 数値を自動計算して計算結果を入力することはできますか?

    標準機能

  • 点検項目を登録する際、自動計算を設定することにより、数値を自動計算して計算結果に入力することができます。計算ボタンを押下すると自動計算が行われます。
    ※演算は四則演算、平均、最大値、最小値、最大値-最小値が設定できます。

  • 点検結果の判定はできますか?

    標準機能

  • 点検項目を登録する際、入力方式を「数字」にした場合、判定方法としきい値を設定することができます。
    (判定方法は「上限値のみ」「下限値のみ」「上下限両方」、それぞれ「以上(≧)」「以下(≦)」「超過(>)」「未満(<)」が設定可能です) 判定方法が設定されている点検項目は、結果入力時にOK/NGが自動で判定されます。

  • 入力項目以外の情報を記録できますか?

    標準機能

  • 点検結果を入力する際にコメントを添付することで、現場作業者はより詳細な状況を報告することができます。
    コメントは自由に入力するか、登録された定型文から選択することもできるため、あらかじめ定型文を登録しておくことで現場での入力作業の負荷を軽減することができます。

  • 写真を記録する事はできますか?

    標準機能

  • 点検結果を入力する際に写真を添付することで、現場作業者はより詳細な状況を報告することができます。スマートフォン・タブレットの場合はその場でカメラを起動し撮影することができ、撮影した写真に手書き描画を追加することが可能です。

  • 点検の方法を教示できますか?

    標準機能

  • 点検項目を登録する際、「見本画像」を添付することができます。
    現場作業者は見本を参考にしながら適切な判断で点検作業を行うことができます。

  • 繰り返し行う点検項目を複製することはできますか?

    標準機能

  • 同じ内容の点検を繰り返し行う場合、項目カテゴリ単位で点検項目を複製することができます。
    品質チェックなど点検の回数が決まっていない場合や、追加点検が必要になった場合に便利です。

    例)現場作業帳票の一部抜粋

    カテゴリ 時間 重量(g)確認者
    重量チェック1 10:00 8.1gA氏
    重量チェック2 11:00 8.0gA氏
    重量チェック3 12:00 8.2gA氏
    重量チェック4 13:00 8.1gB氏
    重量チェック5 13:45 8.0gB氏
          
          
          

  • 外部データを読み込むことはできますか?

    標準機能

  • 「項目取込」からファイルを選択することにより、CSVファイルから実績データの一括読み込み、または選択読み込みができます。NAVINECT以外のシステムで作られたデータを読み込み、点検結果として入力することもできます。
    ※CSVファイルの雛形は「テンプレートDL」ボタンからダウンロードすることができます。

動作環境

生産点検アプリケーションはPCやスマートフォン、タブレットなどでご利用いただけます。

  • 対応OS

    対応WEBブラウザー

  • Windows

    Google Chrome

  • mac OS

    Google Chrome / Safari

  • Android

    Google Chrome

  • iOS

    Google Chrome / Safari

IoTデバイスとの連携

さまざまなIoTデバイスと連携することで、
生産点検の機能を
さらに拡張することが可能です。