NAVINECTクラウドを
更に強化

接続できるデバイス

トッパン提供する様々なIoTデバイスより、
NAVINECTクラウドを強化し、
更なる効率化を可能にします

装置をつなぐ

IoTゲートウェイ
を活用した装置監視

IoTゲートウェイとは、端末と遠隔のサーバ(クラウド)がデータのやりとりをする際、中継する役割を担う機器です。装置に設置されたPLCから装置情報を収集し、情報をサーバーに送る事で生産設備の様々な監視に活用されます。

IoTゲートウェイ活用例

生産点検

生産点検と連携する事で、従来では、一つ一つ手入力しなくてはならなかった記録作業を、装置連動し一括情報取得することで、大幅な作業軽減につながります。

資材をつなぐ

RFID
を活用した棚卸作業高速化

RFIDとは、ICタグを非接触で読み書きする仕組みです。QRコードやバーコードと異なり、電波を利用して、複数のタグを、非接触で一括読み取りする事が可能で、在庫管理や棚卸しに使用されます。

IoTゲートウェイとNAVINECTクラウドの連携構成

※IoTゲートウェイからのデータ送信は、携帯電話回線網利用と、オンプレサーバー経由の2パターン構築可能です。

IoTゲートウェイ活用例

在庫管理

従来のバーコードやQRコードの棚卸作業は、1点1点の照合が必要でしたが、RFID(ICタグ)の利用により、一括照合を実施し、大幅に作業時間を軽減する事ができます。

バッテリーレスタグ
を活用した工程進捗管理

「バッテリーレスタグ」とは電子ペーパー付ICタグです。大きな特徴は電池レスにあり、リーダーにかざすこと電力を経て、電子ペーパーとタグの情報を書き換える事が可能です。生産現場では、ロットカードのペーパーレス化等に利用可能です。

「バッテリーレスタグ」活用例

在庫管理

ロットカードの様な発行・回覧作業のムダの観点からペーパーレス化を望まれながら、目視情報が少ないことによりICタグ等では代替えできなかった作業のムダを削減できます。

スマートマット
を活用した計量型資材管理

「スマートマット」は重量をベースに在庫管理を行うIoTデバイスです。 スマートマットの上に資材を置くことで在庫データを自動計測し、残量データを自動保存します。

「スマートマット」とNAVINECTクラウドの連携構成

「スマートマット」活用例

在庫管理

ネジやボルト等、小さく数が多いため、消費管理が難しい部材を、計量換算により、リアルタイム数量把握する事により、数量把握を容易にし、資材発注の効率化を図ります。

ヒトをつなぐ

ビーコン
を活用した人作業安全監視

ビーコンは、無線技術を利用した情報の伝達手段です。数秒に1回、無線で半径数メートルから数十メートルの範囲に信号を発信します。ヒトやモノを場所を検知するために使われる技術です。

生産点検

対象ユニットに設置する事で、段取り発生時、作業者が間違いなくそこで作業したかを検知、生産点検に自動記録し、準備作業が抜けもれなく行えているか確認します。

環境をつなぐ

LPWA
を活用した工場環境監視

LPWA(Low Power Wide Area) とはなるべく消費電力を抑えて遠距離通信を実現する通信方式です。 これらに温度、湿度、振動を測定するセンシングを取り付け、電力が確保しずらい環境でのデータ収集を実現します。

生産点検

工場内の環境パラメータ(温湿度、各種ユーティリティパラメータ)でありながら、ヒトが確認しずらい場所の情報を自動的に取得し、日々の工場環境管理の時間を軽減します。