IoTデバイス連携

NAVINECTと連携することで、
より多くのリアルタイムな情報を自動で収集し、
ヒト作業を削減します

資材を繋ぐ

棚卸作業や入出庫検品、工程管理などで必要となる
資材の情報をIoTデバイスで取得し、NAVINECTと連携

RFID × NAVINECT

  • RFIDとは.

    RFIDとは、ICタグを非接触で読み書きする仕組みです。QRコードやバーコードとは異なり、電波を利用して遠隔から複数のICタグを一括読み取りする事が可能な点が特徴です。在庫管理や棚卸作業の効率化に有効です。

    ※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です

    RFID
    RFID
    RFIDとは
  • RFIDとNAVINECTの連携構成

    ※RFIDデバイスとWEBアプリケーションの連携構成に関して特許出願中です。

    RFIDとNAVINECTの連携構成.

    RFID連携用の専用アプリケーションを介し、RFIDデバイスへの読取要求の送信と、読取結果の取得・クラウドアプリケーションへのデータ入力を行います。

    ※スマートフォンへ専用アプリケーションのインストールが必要となります。(Androidのみ対応) ※RFIDデバイスの対応機種は、
    株式会社デンソーウェーブ製SP1となります。
    SP1
    株式会社デンソーウェーブ
    SP1+Androidスマートフォン

  • RFID×「在庫管理」サービス.

    在庫を遠距離から一括で棚卸作業をすることが出来るようになります。
    また入出庫での照合作業などでも、在庫の情報を瞬時に確認することが可能です。

電子ペーパー付きICタグ × NAVINECT

  • 電子ペーパー付きICタグとは.

    電子ペーパー付きICタグとは、バッテリーを持たず、リーダーにかざした際の電力供給で画面表示を切り替えることができるICタグです。給電されていない状態でも表示を維持し続けられる機能を活かし、製造現場で大量に利用、廃棄されているラベルや指示書を置き換えることができます。

    電子ペーパー付きICタグ
    電子ペーパー付き
    ICタグ
    電子ペーパー付きICタグとは
  • 電子ペーパー付きICタグ×変化点管理パッケージ

    電子ペーパー付きICタグ×変化点管理パッケージ.

    これまで指示書で管理していた情報を電子ペーパー付きICタグに置き換えて、ペーパーレス化を実現。リーダ/ライタをかざすことで簡単に情報を更新できるため、常に正確な情報を確認可能です。

スマートマット × NAVINECT

  • スマートマットとは.

    スマートマットとは、在庫を重量で検知するIoT重量計です。スマートマットの上に資材などを置くだけで在庫データを自動計測し、管理することが可能です。また在庫が減ると自動発注することが可能です。

    スマートマット
    スマートマット
    スマートマットとは
  • スマートマットとNAVINECTの連携構成

    スマートマットとNAVINECTの連携構成.

    スマートマットクラウドサーバーの連携APIを介してスマートマットのID情報・計測データを取得します。ID情報をNAVINECTクラウド側データと紐づけ・登録を行い、クラウドアプリケーションで参照することが可能となります。

  • スマートマット×「在庫管理」サービス.

    小型金属部品や仕掛品など、従来の方法では在庫管理が難しいモノを重量で管理することが出来るようになります。
    また自動発注機能を活用することで、発注作業に必要な時間を削減することが出来ます。

装置を繋ぐ

製造現場のあらゆる生産装置からの情報を
NAVINECTと連携

IoTゲートウェイ × NAVINECT

  • IoTゲートウェイとは.

    IoTゲートウェイとは、端末と遠隔のサーバ(クラウド)がデータのやりとりをする際、中継する役割を担う機器です。装置に設置されたPLCから装置情報を収集し、情報をサーバーに送る事で生産装置のさまざまな監視に活用可能です。

    PLCについて.

    PLC(Programmable Logic Controller)とは、機械が実行する動作を事前に順序付けて記憶させることで効率的に機械を動かすことができる装置です。エアコンやエレベーターなどの身近な設備のほか、工場の自動化設備、組立機械やコンベアの制御など、あらゆる分野で活躍しています。

    PLC
    PLC
    IoTゲートウェイ
    IoT
    ゲートウェイ
    IoTゲートウェイとは
  • IoTゲートウェイとNAVINECTの連携構成

    IoTゲートウェイとNAVINECTの連携構成.

    装置のPLC・センサーデータがIoTゲートウェイを介してNAVINECTクラウドサーバーへ送信されます。IoTゲートウェイからのデータ送信は、携帯電話回線網利用と、オンプレサーバー経由の2パターンが構築可能です。

  • IoTゲートウェイ×「工程管理」サービス.

    さまざまな装置情報を自動で取得することが出来るようになります。装置情報の入力が自動化されることで作業時間の短縮・入力のミスを削減させることが可能です。

ヒトを繋ぐ

製造現場で働く作業員の情報を
NAVINECTと連携

ビーコン × NAVINECT

OCRリーダー × NAVINECT

  • OCRリーダーとは.

    OCRリーダーは、QRコードやバーコードに加えて、印字された文字を読み取り、デジタル化することを可能にします。
    製造現場では、賞味期限やロット番号などの情報を読み取ることを可能にします。
    また、専用のソフトウェアを必要としないため、導入のハードルが低いIoTデバイスです。

    OCRリーダー
    OCRリーダー
    OCRリーダーとは
  • OCRリーダー×「工程管理」サービス

    OCRリーダー×「工程管理」サービス.

    OCRリーダーで読み取った賞味期限やロット番号などの情報は「工程管理」サービスに連携されるため、データ入力作業にかかる手間と誤入力を削減します。

デジタルノギス × NAVINECT

  • デジタルノギスとは.

    デジタルノギスはモノの外径・内径・深さなどの寸法を測定する工具です。定規や巻尺よりも計測精度がはるかに高いため、精度の求められるモノの寸法を測定する時に使用します。また、通信機能を持つタイプは、測定値が本体の液晶画面に表示されるだけでなく、PC・スマホ・タブレットなどへ送信することが可能です。

    デジタルノギス
    デジタルノギス
    デジタルノギスとは
  • デジタルノギスとNAVINECTの連携構成

    デジタルノギスとNAVINECTの連携構成.

    株式会社ミツトヨ製のデジタルノギスに計測データワイヤレス通信システム U-WAVEを取り付けることで、デジタルノギスの測定値の情報をPC・スマホ・タブレットへ送信します。

  • デジタルノギス×「工程管理」サービス.

    製造開始時の装置の条件チェックや、製造中の製品の抜き取り検品などにデジタルノギスを活用します。測定値は自動で「工程管理」サービスと連携し、手入力の手間を削減するとともに、測定値が正常な範囲かをアプリケーション側で判定して、ヒトの判断による確認ミスを防ぐことができます。

    デジタルノギス×「工程管理」サービス

デジタルはかり × NAVINECT

  • デジタルはかりとは.

    はかりはモノの重量や質量を計測する装置ですが、その中でもデジタルはかりと呼ばれるものは、測定結果を表示するだけでなく、風袋(容器)の差し引き表示機能や、測定値のデータ送信機能など、計量作業の手間削減につながる機能を複数持っていることが特徴です。

    デジタルはかり
    デジタルはかり
    デジタルはかりとは
  • デジタルはかりとNAVINECTの連携構成

    デジタルはかりとNAVINECTの連携構成.

    計測器用Bluetoothアダプタ(株式会社ディジ・テック製DKA-102)を介してデジタルはかりの測定値の情報をPC・スマホ・タブレットへ送信します。
    測定値の送信には、専用アプリケーションのインストールは不要です。

  • デジタルはかり×「変化点管理」パッケージ.

    原材料や資材の重量の測定、検品などにデジタルはかりを活用します。
    測定値は自動で「変化点管理」パッケージと連携し、手入力の手間を削減するとともに、測定値が正常な範囲かをアプリケーション側で判定して、ヒトの判断による確認ミスを防ぐことができます。

    デジタルはかり×「変化点管理」パッケージ

現場 環境を繋ぐ

製造現場の環境情報(気温・湿度など)を
NAVINECTと連携

LPWA × NAVINECT

  • LPWAとは.

    LPWA(Low Power Wide Area)とは、消費電力を抑えて遠距離通信を実現する通信方式です。 温度、湿度、振動などを測定するセンシング装置と連携させることで電波環境の悪い製造現場でのデータ収集を実現します。

    LPWA
    LPWA
    LPWAとは
  • LPWA×「工程管理」サービス

    LPWA×「工程管理」サービス.

    工場内の環境パラメータ(温湿度など)で、ヒトが確認しずらい場所や装置の情報を自動的に取得することが出来るようになります。それにより、製造現場の環境管理(点検作業など)に必要な作業時間を短縮・削減することが可能です。